ウォーターサーバーにかかるコスト | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!

ウォーターサーバーにかかるコスト | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!






ウォーターサーバーにかかるコスト

ウォーターサーバーにかかるコストとは?

ウォーターサーバーの設置を考えている人にとってまず気になるのが月々にかかる費用だと思います。普段からペットボトルのミネラルウォーターなどを買って飲んでいる人にとっては、ウォーターサーバーの設置は節約になることもありますが、主に水道水を利用している場合には当然出費がかさみます。ではどのくらいの費用でウォーターサーバーを設置できるのかというと、メーカーによっても多少変わってきますが、一般的には次のようなコストが伴います。

  • 月々の水代・・・使用状況により異なりますが、1ヶ月に12Lのボトル2本から4本くらいが一般家庭で消費される量となります。12Lボトル1本1,000円以下のRO水から12Lボトル1本3,000円以上する天然水まで価格はまちまちです。

  • 水の宅配料金・・・水の無料宅配を行なっているメーカーも多いですが、場合によっては1ヶ月にボトル2本以上注文などの一定条件を満たさないと宅配が有料になるメーカーもあります。

  • サーバーのレンタル料金・・・サーバーレンタル料が無料というメーカーも数多くありますが、レンタル料が無料のメーカーは、水代を高く設定していることがほとんどです。サーバーレンタル料がかかる場合は平均して月々600円から1,500円くらいです。

  • サーバーの電気代・・・温水と冷水の両方が出るウォーターサーバーの場合、平均して月々1,000円から1,500円くらいの電気代がかかります。ただし、最近では省エネモード搭載のウォーターサーバーも増えてきていて、優秀なウォーターサーバーだと通常の電気代の3分の1くらいにまで電気代を抑えることができます。

  • サーバーのメンテナンス料金・・・ウォーターサーバーのメンテナンス料金については無料というメーカーもありますが、その場合はサーバーのレンタル料にメンテナンス料金が含まれていることが多いです。有料の場合は年に一度くらいの割合でメンテナンスがあり、その際に決められた額を払うことになります。メンテナンス料は無料でも故障の際は有料になることも多いので事前に確認しておいてください。また、メンテナンスが不要というサーバーもありますが、この場合は文字通りメンテナンスサービスはありません。

以上がウォーターサーバーの設置にかかる大まかなコストです。水代が安いからと思ってもサーバーのレンタル料がかかったり、サーバーのレンタル料が無料でも水代やメンテナンス料が高かったり、、、

ですのでウォーターサーバーを選ぶ場合はすべての費用を総合的に見て、各メーカーごとに月々どれくらいの費用がかかるかを見極めてから決めることが大切です。そうすることで自分の家庭環境にとって一番コストパフォーマンスが優れたウォーターサーバーを選ぶことができます。