ウォーターサーバーのデメリット | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!

ウォーターサーバーのデメリット | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!






ウォーターサーバーのデメリット

サーバーを置くスペースが必要

安全性やコスト面から高い支持を得ているウォーターサーバーですが、設置する前に知っておきたい注意事項がいくつかあります。そのひとつが、サーバーを置くのに場所を取るという点です。

最近では小スペースタイプのウォーターサーバーが主流になり、一般家庭にも普及してきているのですが、約50センチ四方のスペースと、コンセントが必要になってきます。一人暮らしでキッチンが狭い、リビングにそんな余裕がないといった方には、卓上タイプのウォーターサーバーがおすすめです。卓上タイプならチェストなどの上に置くことができるので、場所を取りません。

経年使用や誤った使用方法で水漏れが発生する場合がある

二つ目の注意事項は、まれに水漏れがあるという点です。水漏れの原因となるのは、ウォーターサーバー内部の不具合によるものと誤った使用方法によるものがあります。

他の電化製品と比べるとウォーターサーバーの構造はとてもシンプルなので、故障の頻度ははるかに少なくなっていますが、全く故障することがないとは言い切れません。サーバーの中の配管やタンク、ジョイント部分の弁に亀裂が入ることが水漏れの原因となります。これらの亀裂の原因は、経年使用による部品の劣化や外部からの衝撃が考えられます。ですので、小さな子どもがいる家庭では子供が走ってぶつかったりしないように注意したり、定期的にメンテナンスを行うなどの対策が必要になってきます。

ウォーターサーバーの誤った使用方法としては、運ぶときに傾けたり横向きにしてしまう、間違った方法でウォーターボトルをセットしている、気温が0度を下回る場所に置いてしまうなどが挙げられます。これらについては、業者の説明をしっかり聞いて、取り扱い説明書に書いてある通りに正しく使うようにすれば防ぐことができます。

水漏れの原因が過失や間違った使い方によるものではなく、サーバー内部の不具合であれば、新しいサーバーと交換か業者負担による修理になります。ですので、ウォーターサーバーを選ぶ際には、万が一水漏れが起こったらどういう対応方針になるのかも確認しておくと安心です。