ウォーターサーバーの水の種類 | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!

ウォーターサーバーの水の種類 | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!






ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーの水の種類について

水の種類もウォーターサーバーを選ぶときの重要なポイントになります。ウォーターサーバーメーカーが扱っている水にはいくつか種類があり、主に、天然水、RO水(純水に限りなく近い水)、RO水にミネラルを加えたデザインウォーターの3種類に分けられます。

  • 天然水・・・特定の水源から採水された地下水を原料としていて、地下で滞留している間に地層のミネラル分が溶けだして含有された水のことをいいます。化学処理は行わずに、ろ過・沈殿・加熱処理を施しているので安心して飲むことができます。

  • RO水・・・RO膜と呼ばれるミクロレベルのフィルターを通してろ過された水で、通常のろ過では除去しきれない微細な不純物も取り除いています。そのためミネラル分は一切含まれていません。純水に限りなく近い水のため、ピュアウォーターとも呼ばれています。

  • RO水+ミネラル・・・上で書いたRO水に後から人工的にミネラル分を添加・調整した水のことです。デザインウォーターと呼ばれることもあります。

「硬水」と「軟水」について

上で書いた種類に加え、水には「硬水」と「軟水」といった硬度による分類もあります。簡単に説明すると、ミネラル分が多いのが硬水で、ミネラル分が少ないのが軟水です。ヨーロッパの水はミネラル分が豊富な硬水が多いのに対して、日本の水はミネラル分が少ない軟水が多いのが特徴です。カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多い硬水は、デトックス効果や便秘解消効果があることで人気がありますが、一度に飲みすぎると腹痛を起こしたりすることもあるので注意が必要です。また、硬水に慣れていない日本人には最初は飲みにくく感じる人も少なくないようです。

それに対して、軟水はミネラル分は低いものの、まろやかな口当たりで飲みやすく、日本人向けの水と言えます。天然水やデザインウォーターでもミネラル分の少ない軟水であれば、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。日本のウォーターサーバーメーカーが取り扱っている水はほとんどが軟水なので、赤ちゃんや妊婦さんに気を使うことなく自分好みの水を選ぶことができます!