ウォーターサーバーのレンタル料有料と無料はどう違う? | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!

ウォーターサーバーのレンタル料有料と無料はどう違う? | ウォーターサーバーマニアの比較サイト!






ウォーターサーバーのレンタル料有料と無料はどう違う?

Q 質問内容
ウォーターサーバーを契約する際にサーバーレンタル料無料と言われました。本当に無料なのでしょうか?無料の場合、水の代金だけ支払えば良いと思って問題ないでしょうか?また、有料と無料とで何か違いがあるのでしょうか?
A 管理人の回答
まず、本当に無料なのかどうかについてですが、サーバーのレンタル料金を無料にしているメーカーであれば、本当に無料なので安心して下さい。また、レンタル料を無料としている場合、かかる代金は基本的に水代だけのメーカーがほとんどです。ただ少数ではありますが、サーバーのメンテナンス料が有料だったり、条件によって送料がかかったりするメーカーもあるので、料金体系は契約前に必ず確認するようにしましょう。

次にサーバーレンタル料、有料と無料とで違いがあるかどうかについてですが、実は大きな違いが3つあります!この違いはかなり重要なポイントなので、初めてウォーターサーバーの利用を考えている人は要チェックです。

水の種類と価格が違う
ぱっと見だとレンタル料は無料の方がお得になるような気がしますが、レンタル料無料の場合、有料の場合と比較すると水の価格が割高になっていることが多いので、必ずしも有料より安くなるとは限りません。ではなぜレンタル料が無料だと水の価格が割高になるのかと言うと、レンタル料無料と有料のメーカーでは、取り扱う水の種類に違いがあったりするからです。「ウォーターサーバーの水の種類」でも解説していますが、ウォーターサーバーには3種類の水があり、それぞれの料金は「RO水」≦「RO水+ミネラル」<「天然水」の順に高くなります。レンタル料を無料としているメーカーの多くは主に天然水を販売していて、反対に有料のメーカーはRO水を販売していることが多いので、月々のレンタル料よりも水の価格差が大きくなる場合は、レンタル料有料の方が月額料金が安くなります。

レンタル料無料は定期購入が基本
レンタル料無料のメーカーのほとんどが、定期購入(定期配送)を基本としていて、選択できる配送パターン(配送周期と水の注文本数)はメーカーによってそれぞれです。一定期間における水の最低注文本数は、月2本(24L)ぐらいが平均的で、配送を休止した場合は手数料を取られます。ただし、ひと月おきであれば、無料で配送を休止できる良心的なメーカーもあります。

水の消費スピードが遅い一人暮らしや共働きの家庭の場合は、上で紹介したメーカーか、もしくはその都度注文が可能なレンタル料有料のメーカーがおすすめです。

メンテナンスに差がある場合がある
レンタル料無料のメーカーでは、サーバー自体が内部洗浄を行うオートクリーン機能が搭載されたハイスペックサーバーが主流になってきているので、定期的に担当者がメンテナンスをするところは無くなりつつあります。水の衛生状況が気になる!という方や、専門の人にチェックしてもらいたい!という方は、定期メンテナンスの有無と、料金が無料になっているかどうかという点も含めて確認してみると良いと思います。
まとめ
  • レンタル料が無料の場合は基本的にかかる代金は水代のみ。
  • 水の価格や配送パターンには注意が必要。
  • メンテナンスの内容や料金は事前に確認した方が良い。